リストの使用状況のモニター

このトピックでは、リストのパフォーマンスを使用状況とベストプラクティスの観点からモニターする方法について説明します。

このトピックの内容:

追跡するメトリック

リストを非公開で提供するか、 Snowflake Marketplace で提供するかによって、異なる使用状況分析が表示されます。リストを使用しているユーザーを確認するには、 Provider Studio または Snowflake が提供するデータベースビューを使用できます。

Snowflakeは、次のようなリストの多くのメトリックを追跡します。

  • 毎日のコンシューマークエリ履歴といった、リストの日次テレメトリ使用状況。

  • コンシューマーがリストを取得またはリクエストしたときのイベント。

  • コンシューマーが Snowflake Marketplace でリストの詳細ページを表示またはクリックしたときのイベント。

  • リストのデータ製品で実行されるジョブの数といった、リストの使用状況。

  • リスト内のテーブルの表示といった、リストのアクセス詳細。

  • リストにアクセスするコンシューマーの会社名とアカウント名。

  • 限定トライアルリストへの無制限アクセスをリクエストする際にコンシューマーが提出する情報。

  • その他。

SQL でこの情報を表示する方法の詳細については、 DATA_SHARING_USAGE および ORGANIZATION_USAGE をご参照ください。

リストのために追跡されるメトリックの包括的リストと、 SQL を使用してこのデータを表示する方法の詳細については、 DATA_SHARING_USAGEORGANIZATION_USAGE をご参照ください。

有料リストについては、リストごとに、または組織内のすべての有料リストについて、次の追加データを表示できます。

  • リストの収益履歴。

  • 料金タイプ別の累積料金。

  • コンシューマーへの料金に含まれるクエリの数。

  • リストを試用しているコンシューマーの人数。

  • リストの購入数。

  • その他。

SQL でこの情報を表示する方法の詳細については、 収益化使用状況ビュー をご参照ください。

Provider Studioでのコンシューマー使用状況メトリックのモニター

リストのパフォーマンスと使用状況を管理するために、 Provider StudioHome タブに概要分析を、また Analytics タブに集約された詳細な分析を提供します。

Provider Studioで使用状況データを表示するための前提条件

使用状況データを表示する前に、前提条件を満たしていることを確認します。

  • Home タブと Analytics タブで Provider Studio とデータを表示するには、 SNOWFLAKE データベースで ACCOUNTADMIN ロール、または CREATE DATA EXCHANGE LISTING 権限と IMPORTED PRIVILEGES を付与されたカスタムロールを使用する必要があります。 他のロールに対する SNOWFLAKE データベース使用の有効化 をご参照ください。

  • これらの使用状況分析を生成するクエリに対して、Snowflake がアカウントに請求するために使用できるウェアハウスを選択する必要があります。これらのクエリに対しては、通常の料金が請求されます。 コンピューティングコスト を表示します。

Provider Studioでの使用状況データの表示

Provider Studio の使用状況データを表示するには、次を実行します。

  1. Snowsight にサインインします。

  2. 左側のナビゲーションバーで、 Data » Provider Studio を選択します

  3. ウェアハウスを選択します。ページの右上隅で、 Select Warehouse をクリックします。

  4. Home タブと Analytics タブに分析データを表示するクエリが正常に実行され、結果が表示されます。

次を含む、過去28日間の傾向を Home タブで確認できます。

  • データ製品に対してコンシューマーが実行したクエリの数。過去28日間と比較した、これらの数値の傾向を含みます。

  • リストにクエリを実行した一意のコンシューマーの数。過去28日間と比較した、これらの数値の傾向を含みます。

  • クエリが最も多かったリストの名前。

  • リストに対して最も多くのクエリを実行したコンシューマー。

Analytics タブでは、すべてのリストまたは特定ノリスとの詳細ビューの両方で集計された追加メトリックを確認できます。

リストの概要分析の表示

リストについて、次の概要メトリックを確認できます。

  • すべてのリストのビューや、最も閲覧されたリストのリストなど、 Snowflake Marketplace でのリストのリーチ。

  • 実行されたクエリの数に基づく、リストへのエンゲージメント。次のエンゲージメントの概要メトリックを確認できます。

    • すべてのリスト全体で実行されたクエリの数。

    • 実行されたクエリの数によって決定される、使用法で並べ替えられたリスト。

    • リストをアクティブに使用している1日あたりのコンシューマーアカウントの数。

    • クエリの実行に基づく、最もアクティブなコンシューマーのランキング。

    • コンシューマーが最も多くのクエリを実行するリージョンのリスト。

    • Snowflake Marketplace の無料リストについては、リストの表示、共有のマウント、およびクエリによるコンシューマーのコンバージョンを確認できます。過去28日間のコンシューマーコンバージョンのみを確認できます。

    Conversion funnel for free marketplace listings, showing a 10.2% conversion rate over the last 28 days, with 2k viewers of the listings, 12% converting to mounting the listings for a total of 240 consumers, and 85% conversion or 204 consumers querying the listing.

リストの詳細メトリックの表示

特定のメトリックに More を選択するか、 Detailed Metrics を選択すると、 Analytics タブに次の分析が表示されます。

メトリック

詳細

アクティブなコンシューマー

データ製品をクエリした一意のコンシューマーの数。

コンシューマーリクエスト

無料リストの地域への複製をリクエストしたコンシューマーの数、または限定されたトライアルリストで無制限のアクセスをリクエストしたコンシューマーの数。

インストールされたリスト

コンシューマーがアカウントにインストールしたリスト数

リストの表示

Snowflake Marketplaceで提供されているリストが表示された回数。

実行済みクエリ

リストに対して実行されたクエリの数。

詳細ビューを使用すると、時間、交換、コンシューマー、リスト名、またはリージョンでデータをフィルターできます。

リストのコンシューマー詳細の表示

コンシューマーの会社名やSnowflakeのアカウント名などのコンシューマーの詳細を、次のような複数の場所で表示することができます。

  • 最もアクティブなコンシューマーを一覧表示する Usage TrendsHome タブ。

  • Most active consumers タイルの Overview タブ。

  • 特定のリストを表示する際の Listings InstalledConsumer RequestsQueries Executed の詳細メトリクス。

リストをインストールして使用しているコンシューマーを確認するには、次を実行します。

  1. Snowsight にサインインします。

  2. 左側のナビゲーションバーで、 Data » Provider Studio を選択します

  3. デフォルトのウェアハウスが設定されていない場合は、ウェアハウスを選択します。ページの右上隅で、 Select Warehouse を選択します。

  4. Analytics » Detailed Metrics を選択します。

  5. Queries Executed ドロップダウンを選択し、 Listings Installed を選択します。

  6. リストのテーブルを確認し、詳細を表示する特定のリストを選択します。

  7. 選択した期間の All consumers のテーブルで、選択したリストをインストールしたコンシューマーの会社名、アカウント名、名、姓、メールアドレス、リージョンを確認します。コンシューマーの会社名が利用できない場合は、代わりにSnowflakeの組織名とアカウント名が表示されます。

リストを使用するコンシューマーに関するその他の詳細を確認するには、 Overview タブで Most active consumers タイルを 確認してください。選択した時間枠内にデータ製品に対して実行したクエリの数順に並べた、コンシューマーの会社名とアカウント名のリストが表示されます。コンシューマーを選択すると、コンシューマーアカウントの使用日やSnowflakeリージョンなどの詳細メトリックが表示されます。

SQL を使用した使用状況データの表示

Analytics タブの概要メトリックは、 DATA_SHARING_USAGE スキーマのメトリックから派生しています。最もアクティブなコンシューマー、コンバージョン率、最も表示されたリスト、最も使用されたリストなどの一部のメトリックは、メトリックから派生したものであり、スキーマで表示されるものと正確に一致しない場合があります。

Analytics タブの詳細メトリックは、 データ共有の使用状況 スキーマのビューをクエリすることによって取得されます。

必要に応じて、ビューを直接クエリできます。 データ共有の使用状況 をご参照ください。

ビューは SNOWFLAKE データベースの一部であるため、アカウント管理者(ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザー)のみが、そのアカウントから公開されたリストのデータ共有の使用状況についてクエリを実行できます。アカウント内の他のロールに権限を付与して、他のユーザーにアクセスを許可することができます。詳細については、 他のロールのAccount Usageを有効にする をご参照ください。

注釈

DATA_SHARING_USAGE スキーマはすぐには更新されません。イベントが発生してから DATA_SHARING_USAGE スキーマが更新されるまでには、最大2日間の遅延が生じる可能性があります。

Snowflake Marketplaceでのリストパフォーマンスの改善

Snowflake Marketplace でリストを公開し、コンシューマー向けのリストパフォーマンスを向上させたい場合は、 Snowflake Marketplace プロバイダーのベストプラクティス をご確認ください。